カナダ留学│初心者向け!実際によく使う英語のフレーズ23選

普段から、実際にカナダで生活する中で、耳に残ったフレーズをメモしています。

本記事ではその英語のフレーズをまとめたものになります。

Twitterで「#デザノマ英語メモ」として記録しているものをまとめました。

目次

実際によく使う・聞く英語のフレーズまとめ23選

カナダで実際に耳にした、またはよく使っている英語のフレーズになります。

Can I ~? / Can You ~?

お願いする時のフレーズですね。

これさえ覚えれば生きていけます。

Can I take it home?

残り物を入れて欲しい時に言うフレーズ。

カナダのドギーバッグの文化は好き。 無理して完食しなくてもよくて、 コンテナ(容器)に入れてもらって残した食べ物を持ち帰りができる

Can you do my laundry please?

洗濯はオーナーさんの家にあるので、週一でお願いしてる。

That’s it

以上です。

プレゼンの終了とかで言います。

あとは何かを注文し終えた時にも使います。

That’s allという場合も。

I dont’ know

知らんけど。

本当に知らんけどみたいなニュアンスでつかってます。

Probablyもよく使いますが、こちらもよく聞くフレーズです。

ちなみに分かったのニュアンスは以下の通り。

  • I see → なるほどね。知らなかったことに対しての相槌
  • I know → そうだよね。知ってる事に対しての相槌
  • I understand → 承知しました。ややフォーマル

What do you do?

初めて聞いたときは「何しているの?」と聞かれていると思いましたが、

実際は「仕事は何をしているか?」みたいな時に聞かれます。

No way!

まじで! とかまさか!

みたいな感じで否定するリアクションでよく使います。

(Does it) make sense?

分かる?

これもよく聞く。

make sense

分かった!みたいな使い方も。

What up?

元気?調子はどう?みたいな感じの砕けた言い方です。

クラスメイト同士の場合はよく使います。

Weird

You are acting weird.

あたなの行動は変だよ。

みたいな感じで「変」って言葉はStrangeよりWeirdの方がよく使います。

Hey Guys!

皆さん!という時に使うフレーズ

個人手にに Hey Lovely’s!の方が好き。

I’m down / I got it

賛成という時に使うくだけたフレーズ。

I got it !というフレーズもある。

(相手のいったことを理解したときに)了解!

It doesn’t matter!

そんなの関係ねえ!

あと何かを説明するとき等によく使う。

It doesn’t matter what you wear as long as you do your job.

Long time no see !

久しぶり!

バイトで学校には、たまにしかこない人に使ってる

Oh my gosh / Oh my goodness

オーマイガッシュ

godの方はあまり使わない

What are you doing this weekend?

今週末、何をする予定?

How come?

びっくりして、理由を聞きたい場合はこっち

Have a good weekend!

良い週末を!

週末、授業後によく言うやつ。

Probably

たぶん。

maybeより使います。

ぼかしがちな発言をしたい時はこれ。

Superficial

表面的な。

説明する時によく使う修飾語。

So far so good / None so far.

授業でよく聞く英語

先生:So far so good ?(今のところ順調 ?)

生徒:So far so good.(今のところ順調だよ)

先生:Do you have any questions?

生徒:None so far. (今のところはありません)

Chop-chop!

急いで!

時間を刻むイメージですかね、よく先生が使ってました。

Easy-peasy

とっても簡単。

学校の先生が簡単でしょって、煽ってくる時に良く使うフレーズ

easy peasy lemon squeezy

イージーピージーレモンスクイーズィ 超簡単!の意味のダジャレ

Well done

よく出来ました。

肉の焼き加減(笑)のことではなないので注意

Not too shabby

調子を聞かれて、まあまあだよ的なやつ。

It’s OKでもいいけど、もう少し前向きな返事をしたい時に

個人的に気になった英語のフレーズまとめ

こちらは頻繁に使うフレーズというよりかは、英語の豆知識的なメモになります。

After taste

後味。

味の感想を言うときに使ってます。

ちなみに触感はTexture

Bachelor’s degree

学士号 = 大卒 のこと。

Boys’ books

複数形の所有格って最後に「’」をつける

Betrothed

親同士が決めた許嫁の事。

ちなみに婚約者はfiancé

Eeny, meeny, miny, moe

英語版の「どれにしようかな」です。

イーニー ミーニー マイニー モー

Fast environment

飲食店みたいな忙しい所のこと。

Mandarin

中国語のこと。

Motion sickness

車酔い。

気分が悪くなった時に説明する時に使います。

Rock ,Paper ,Scissors ,Shoot!

じゃんけんのフレーズ。

On my way

今向かってる。

集合時間に来てなくて、今起きた的なメッセージの返し

skinny boy

ヒョロくて痩せてる男性の事

Roomie

ルーミー roomieはルームメイト

ホーミー homieは友達

Read the room

空気を読む

日本人的な発言だけど、空気を読んで―と言いたい時に使ってます。

That’s iffy

微妙〜。

Itchy!

痒い!

虫に刺されたときに

UofT

University of Torontoの略称。

ちなみにUniversity of British ColumbiaはUBCですよね。

I’m worried about

  • I’m worried about「〜が(今)心配です」
  • I worry about「〜が(常に)心配です」

能動態と受動態でニュアンスが違います。

e.g

e.g.→例えば

i.g. →すなわち

年代の読み方

  • in 1904 →ナインティーン•オー•フォー
  • in 1900 →ナインティーンハンドレッド
  • in 2000 →ツー•サウザント
  • in 2002 →ツー•サウザント•ツー

人によって読み方が微妙に違ったりする

  • URLをコピーしました!

この記事の著者

2021年11月からカナダ留学&デジタルノマドで働いています。
このブログでは海外生活に役立つ情報について書いています。

目次