カナダ留学│コンパスカード(Compass Card)について知っておくべきこと 12選

バンクーバーの交通手段は主にバスとスカイトレインと呼ばれる電車になります。

スカイトレインは自動運転で本数も山手線並みにあって、凄く利便性が高いのですが…

運賃は日本より高めです。

そんなスカイトレインに日本でいうSUICAのようなコンパスカード(Compass Card )というカードがあります。

そんなコンパスカード(Compass Card)を使ってきて、いろいろ知見がたまったので備忘録として記載しておきます。

目次

コンパスカード(Compass Card)について知っておくべきこと 12選

コンパスカード(Compass Card)で個人的に知っておきたかった情報をまとめました。

コンパスカードの買える場所は主に3つ

基本は券売機からコンパスかーそを購入できます。

他にもロンドンドラッグ(London Drugs)という薬局やオンラインでも購入可能です。

空港に着いたら即コンパスカードを買うこと!

カナダ留学初日、特に送迎を使ってない人はUberないしスカイトレインで宿まで移動すると思います。

僕はカナダでの最初の一ヶ月、いつも1日券を購入して移動していましたが…

あとでコンパスカードで支払った方が安く済みことに気が付きました。

デザノマ

生活費を節約したい人は、コンパスカードを初日に買いましょう!

コンパスカードの全運賃表

現金とクレカの料金は一緒です。

チャージ払いもといコンパスカードの場合は割安になります。

ただしタッチしてから90分以内の有効なので注意しましょう。

通学・通勤するなら圧倒的にマンスリーパスの方がコスパが良いです。

現金運賃 現金
パスの種類1ゾーン2ゾーン3ゾーン
大人$3.10$4.45$6.05
子ども(18歳以下)$2.05$3.05$4.15
非接触決済(VISA)運賃 タップして支払う
パスの種類1ゾーン2ゾーン3ゾーン
大人$3.10$4.45$6.05
チャージ払いコンパスカード
パスの種類1ゾーン2ゾーン3ゾーン
大人$2.50$3.65$4.70
子ども(18歳以下)$2.05$3.05$4.15
マンスリーパス コンパスカード
パスの種類1ゾーン2ゾーン3ゾーン
大人$102.55$137.10$185.20
子ども(18歳以下)$58.60
デイパス コンパスカード・チケット
パスの種類すべてのゾーン – 終日
大人$11
子ども(18歳以下)$8.65

コンパスカードのオンラインから買う方法

コンパスカードはオンラインで注文してみました(結構、レアケースだと思います)

もし住む場所が決まっている人は、早めにオンラインで購入すれば、入京した時にコンパスカードを入試することもできるとおもいます。

とはいっても券売機から購入したほうが早くて楽です。

マンスリーパスの自動更新

マンスリーパスの自動更新もできます。

学校に通う人はWEBサイトにアクセスしてコンパスカードのアカウントを作成。

番号を登録してマンスリーパスをオートチャージにしましょう。

更新日は26日ごろ

バスの場合はすべて1ゾーン料金

マンスリーパスを買うときにゾーンを選ぶと思いますが、

バスを使うだけだと1ゾーン料金内で済みます。

夜間や週末はすべて1ゾーン料金

週末と平日18時30分以降、スカイトレインの料金が1ゾーン料金に変わります。

※シーバスのみがゾーン制

ということで郊外に住んでいても気軽にダウンタウンに行けますね。

コンパスカードを紛失・エラーがおきても大丈夫!

コンパスカードを紛失したり、故障したり、エラーが出る場合はウォータフロント駅の事務に行きましょう。

事務の人がすぐに新しいカードに変えてくれたり、履歴を直してくれたりします。

僕も、返金したり、エラーでマンスリーパスが使えなかった時に窓口にお世話になりました。

無くしてもすぐに交換できるので、ほとんど損はしないはずです。

キーホルダー型に交換できる

コンパスに事務所でコンパスカードからキーホルダータイプに交換してもらえます。

残高やマンスリーパスもそのまま移行してくれます。

コンパクトになるので、是非交換することをおすすめします!

※コンパスの事務所はチャイナタウンからウォータフロント駅に移転しました。

たまに駅でコンパスカードのチェックがある

たまに駅やバスの中でコンパスカードをチェックされることがあります。

そのままカードを提出してチェッカーでチェックする感じです。

というのも、子供向けのオレンジ色の向けのコンパスカードを不正に使う学生さんがいます。

※チェック逃れの為に青のカードと2枚持ちしている人もいるそう

オレンジのカードは半額以下と安いから不正購入をするのだと思いますが、

見つかると記録にキズか付きますし、何より国の信用もなくなりますので不正は絶対にやめましょう。

帰国する時はコンパスカードを返却すること

コンパスカード購入時に、デポジット料として6ドル払っています。

ウォータフロントの事務所に行って返却すれば、6ドル戻ります。

コンパスカードの電子化はまだ

コンパスカードのシステムは実は結構、古いようで、SUICAの様にまだ電子化はしていません。

これから携帯でもマンスリーパスが買えるシステムにする計画はあるようなのですが…

まだまだ時間がかかりそうです。

スカイトレインについての備忘録

コンパスカード以外、スカイトレインについての備忘録も紹介します。

スカイトレインで無料Wi-Fiが使える

最新のスカイトレインの場合、Wi-Fiが使える場合があります。

通信データが節約できるので活用しましょう。

スカイトレインの終電は山手線と似ている

25時台が終電になります。

逃がしたら深夜バスかUberを使いましょう。

まとめ

本記事はコンパスカードについてまとめました。

移動手段がスカイトレインの人は知っておいて損はないので、ぜひ特徴を覚えておきましょう!

  • URLをコピーしました!

この記事の著者

2021年11月からカナダ留学&デジタルノマドで働いています。
このブログでは海外生活に役立つ情報について書いています。

目次